HOME > 会社案内 > 行動方針

会社案内

行動方針

2007.4.1

 

はじめに

私たち製薬企業には、生命関連企業としてより高い企業理念及び法令遵守の徹底が求められています。株式会社 科薬の業務に従事する全ての従業員は、企業理念と法令遵守を徹底するため、これを法令遵守体制の指針とします。

このページのトップへ

1.基本的心構え

私たちは、人々の健康に関わる製品を取扱う生命関連企業に従事する者として、法令遵守はもとより生命倫理を部門長会含めた高度の倫理観をもって行動します。 私たちは、「生命科学を通じて社会に貢献する」を基本理念として行動します。

このページのトップへ

2.研究・開発に関して

私たちは、疾病を克服し、人々の健康な生活を維持・向上させるため、医療の進歩に貢献し、患者に役立つ医薬品の研究・開発及び製剤技術の改善に向けてグループ会社を挙げて積極的に取り組みます。

このページのトップへ

3.市販後の安全対策・調査等に関して

私たちは、グループ会社と共に市販後調査及び試験等の実施にあたって、関係法令及び社内ルールを遵守し、適正使用の情報収集及び検討並びに安全確保措置の実施等の安全対策に努めます。

このページのトップへ

4.製造、輸出入に関して

私たちは、製品の製造にあたっては関係法令及び社内ルールを遵守し、製造の全工程にわたって十分な品質管理を行います。製品の品質について問題が生じた場合は、人命尊重を第一とし、回収等の対応を迅速に行います。また、再発防止に向けての原因究明に努めます。

このページのトップへ

5.環境保全に関して

私たちは、環境関連の法令等を遵守し、生命関連企業として地球環境・地域社会への影響に常に配慮した事業活動を行います。

このページのトップへ

6.医薬情報提供に関して

私たちは、医療機関等への医薬情報提供にあたり、医薬品に関する適切な情報提供を行います。

このページのトップへ

7.販売・広報・宣伝活動に関して

私たちは、販売、マーケティング、情報伝達等にあたって、法令及び企業倫理に従い、公正な営業活動を実践します。
私たちは、社会が必要としている情報を適時・適切に開示するとともに、社会からの声に耳を傾け、社会とのコミュニケーションを図ります。
私たちは、広告・宣伝活動においては、法令及び企業倫理を遵守し、その適正化を図ります。虚偽、誇大にわたったり、社会的差別や人権侵害などにならないよう、公正な内容・表現を基本とします。

このページのトップへ

8.公務員等に対する供応

私たちは、国公立の医療機関の医師・歯科医師・薬剤師、その他医療関係者との関係において、倫理関連法令・基準に違反したり、また、その疑いをもたれることのないよう、健全な関係を維持します。

このページのトップへ

9.政治・行政との関係

私たちは、政治・行政とのもたれ合いや、癒着ととられるような行動をなくすため、透明な関係づくりに努めます。
私たちは、名目の如何を問わず、政党、政治家、政治団体への金銭の支払い等を公正なものとし、刑法、政治資金規正法等を遵守します。

このページのトップへ

10.コンサルタント等に関して

私たちは、医療関係者その他の専門家に、コンサルタント、顧問、その他の業務を依頼するときは、法令に違反するものでないよう注意し、書面により明確にします。

このページのトップへ

11.寄付に関して

私たちが医療機関や学術団体等に寄付を行うときは、その寄付が違法ではないことを確認し、純粋な寄付行為として行い、相手方に見返りを要求しません。

このページのトップへ

12.不正な取引の禁止(独占禁止法、公正競争規約、下請法等の遵守)

私たちは、医療機関、競合会社、販売先及び仕入先との関係においては、独占禁止法、公正競争規約、下請法等のルールに則り、公正かつ合法的な企業活動を行います。
私たちは、医薬情報活動、営業活動をはじめ、事業活動において、医療関係者、取引先担当者への違法又は不正な贈答、接待、リベート等をもって、取引を誘引しません。

このページのトップへ

13.利益相反の回避、公私混同の防止

私たち役員・従業員は、会社にとって何が最良であるかという考えを基に職務を遂行するにあたり、最善の努力を行います。
私たちは、仕入先、取引先、ユーザー等との関係を公正・健全なものとし、職務上の地位や権限に関し、違法又は不当に利益(金銭、物品、接待、便益など)の提供を受けたり、要求したり、約束しません。

このページのトップへ

14.株主への対応

私たちは、株主に対して、企業収益に影響を及ぼすような企業情報を適時・適切に開示します。

このページのトップへ

15.反社会的な勢力・団体への対応

私たちは、市民社会の秩序又は安全に脅威を与える反社会的勢力・団体との関係を排除するとともに、断固として対決します。

このページのトップへ

16.不当な差別・嫌がらせ等の禁止、セクシャル・ハラスメントの禁止

私たちは、社内外を通じて、人種、国籍、民族、性別、年齢、宗教、信条・思想、性的嗜好、学歴、障害、疾病等による差別、嫌がらせ等を行いません。
私たちは、働く者の人格を尊重し、働きやすく快適な職場環境を作るため、職場におけるセクシャル・ハラスメントその他のハラスメントを許しません。

このページのトップへ

17.労働法の遵守、安全と衛生のための取組み、健康増進・受動喫煙防止対策

私たちは、労働基準法、労働安全衛生法その他の労働法令を遵守します。また、安全や衛生に配慮した職場環境や、ゆとりある就業環境をつくり、労働災害の防止と従業員の健康の維持に努めます。
私たちは、健康増進法の趣旨を理解し、職場等における受動喫煙防止対策を推進します。

このページのトップへ

18.公正な人事評価の実施

私たちは、従業員の仕事の成果を、あらかじめ明確にされた評価基準に従い公正に評価し、適正な人事考課を推進します。

このページのトップへ

19.会社資金・資産の違法目的への支給、私的利用の禁止

私たちは、当社の資金、物品その他の財産を当社の事業運営のためにのみ活用し、違法な目的のため支給したり、個人や第三者の利益のため、利用しません。

このページのトップへ

20.記録の正確性、税法の遵守

私たちは、会計記録及び官公庁への提出書類の準備、作成及び保管にあたり、事業活動の記録を正確に行います。

このページのトップへ

21.知的財産権の取扱い、職務発明規程の遵守

私たちは、知的財産権の重要性を認識し、研究・発明の成果の権利化に努めます。また、従業員の職務発明に関する規程を遵守し、研究開発活動を推進します。
私たちは、自社の知的財産権と同様に、第三者の知的財産権を尊重し、侵害しません。

このページのトップへ

22.秘密情報の取扱い、第三者の秘密情報の尊重

私たちは、事業活動を通じて収集した秘密情報(電子情報を含む)の重要性を認識し、適切に管理します。 私たちは、自己又は第三者の利益のために、当社及び他社の秘密情報を不正に流用しません。

このページのトップへ

23.個人情報保護

私たちは、個人情報保護の重要性を深く認識し、個人情報保護に関する法令、規範を遵守し、会社として、個人情報保護の推進、個人情報漏洩防止等、個人情報保護のためのコンプライアンス体制を的確に構築・運営します。
私たちは、個人情報の適正取得、利用目的の通知・公表、目的外利用禁止、安全管理措置、従業員等への教育、第三者提供制限、保有個人データの開示等の求めに応じる手続の整備・運営など、会社として、必要かつ適正な措置を講じます。

このページのトップへ

24.インサイダー取引規制等に関して

私たちは、証券取引法に定めるインサイダー取引規制を遵守します。

このページのトップへ

25.国際基準、海外の法令への対応と現地への貢献

私たちは、海外における事業活動において、国際ルール、現地の法令を遵守することはもちろんのこと、現地の文化や慣習を尊重します。

このページのトップへ

会社案内

  • 会社概要
  • ご挨拶
  • 企業理念
  • 工場案内
  • 沿革
  • 行動方針

お問い合わせ情報

〒359-1152
埼玉県所沢市北野1-2-5

本社
TEL 04-2948-1351
FAX 04-2948-1354

受託窓口:SCM部
TEL 04-2938-7631
FAX 04-2938-7633

事業所案内